COLUMNStyleコラム

既婚者マッチングサービスとは?目的や使い方を解説

既婚者だけど異性の友達や話し相手、趣味友達を作りたいと考えている人もいるかもしれません。
そのような人におすすめなのが既婚者マッチングサービスというものです。
独身者を対象としたサービスはたくさんありますし、名前を聞いたことのある人も多いでしょう。
既婚者のみを対象としたサービスはあまり多くありません。しかし、最近では既婚者であっても出会いを求める人が増えてきています。

一般的な婚活サービスや出会い系アプリとの違いをチェックしてみましょう。
そもそもマッチングアプリとは、好意を持った人同士を繋げるためのサービスであり、恋人や異性の友達を作りたい人向けのものです。
繋がった人とはメッセージのやり取りなどができるため、交流のために使用している人もいます。
このようなサービスはやはり独身者向けであることが多く、既婚者は利用できないことがほとんどです。
既婚者がマッチングアプリを利用する場合、既婚者であることを隠して利用することが一般的でした。

マッチングアプリを利用する時にはその安全性が気になる人もいるかもしれません。しかし、運営元は必ず警察機関に届け出を提出しなくてはならないため、下手な運営はできないということです。
サービスによって安全性は異なりますが、そもそも問題のあるサービスは長く運営することができません。今の時代は口コミでどんどん評判が広まってしまうためです。心配な場合は長く続いているサービスを選ぶと良いでしょう。

既婚者がメインとなるマッチングアプリの場合、不倫を推奨しているように感じてしまうかもしれません。独 身者同士なら何も問題ありませんが、既婚者同士の男女が出会う場を提供するわけですし、不貞行為を助長しているサービスのように感じてしまう人もいるでしょう。しかし、実際にはそのようなことはありません。
サービスの多くが不倫は推奨していないとしているのです。最近ではセカンドパートナーという言葉が注目されるようになってきています。これはパートナー以外にも関係を持つことですが、中にはパートナーが容認した上で交際していることもあるのです。
ちなみに、不倫とは倫理的な概念のことであり、犯罪にあたるわけではありません。
パートナー同士の問題ですし、第三者が介入する話ではないということです。もちろん一般的には良くないことですし、不倫を推奨するようなサービスはないと知っておきましょう。その上で出会いを求めるべきです。

コラム一覧へ
LINE先行LINE登録 受付中